企業が欲している人材とは?!応募者が読み取る

企業が欲しい人材とのギャップ

求人票を掲載する際には特別な理由がない限り年齢や性別を明記することができなくなっています。そのために求人に関してはいろいろな人が応募できるようになっていて、応募者側からすると一見いい就職環境にあると思われます。しかし求人を出している企業側からすると、欲しい人材の理想像は決まっているために、それを求人票に明記した上で、効率よく人材を発掘したいと考えていて、そこに応募者と企業側とのギャップが発生しています。実際に転職などを考えている人には逆に難しい環境になっています。

欲しい人材をわからせる

このギャップを埋めるために、企業側としてもいろいろと工夫をして求人掲載をしています。年齢や性別を明記することができないために、例えば企業の特徴を記載する際には、何歳の人たちが活躍している企業です、とか、女性が活躍している企業とか、募集している人材についての年齢や性別を記載するかわりに、企業の特徴を記載する際にどのような人材が欲しているかを明記しています。そのような記載が最近の企業では多くなっています。

暗黙の中でのやり取り

応募者側としては、そのような企業の特徴を読む上で、欲している人材を想定して、自分が応募していいのかどうかを判断しています。応募者側としても企業が欲している人物像からかけ離れているならば、応募しない方が手間にもならず便利です。企業側も応募者全員の履歴書を見る上で、ある程度ターゲットに考えている人からの書類を読むことができて効率的に採用活動ができます。このように最近では暗黙の中で、企業側と応募者側との間でやり取りが多くなっています。

ネットワークエンジニアの中には、フリーランスを希望する傾向も見受けられます。エージェント会社にスキルを明示できるように、資格を取得しておくことは有効です。