あなたは大丈夫?美容師さんが困るお客さん3選

気遣いが裏目に出ているお客さん

美容院に行って何が気持ちよいかといえば、プロの手によるシャンプーですよね!絶妙な力加減でマッサージするように洗ってくれる時間は、現実逃避できる夢のような時間です。そんな素敵な時間を与えてくれる美容師さんの負担を軽くしようと、頭を持ち上げてくれる時には、首に力を入れて持ち上げてしまいがちですよね。しかし、それは美容師さんからすると、余計なお世話みたいです。ゆったりと身を任せたほうがやりやすいようなので、気を付けましょうね!

不可能な注文をするお客さん

美容院に行くなら、自分の思い通りのヘアスタイルにしてほしいものです。なので、好きなスタイルの切り抜きを見せ、どのようにしたいのか細かく注文するのは、美容師さんにとってはやりやすいみたいです。しかし、ヘアダメージがひどいのに、パーマやカラーリングが必要なヘアスタイルを要望するなど、無謀な注文をする人は困るみたいですよ。こだわりが強いだけに、アドバイスにも耳を貸さず、ひどい時にはクレームにもつながり大変みたいです。美容師さんの意見も参考にしましょうね!

何も話さないお客さん

美容院に行って、美容師さんにいろいろ話しかけられるのが苦手というひとも多いですよね。必要なこと以外は、話しかけないでほしいとは思っても、ぶすっとして無視するのはマナー違反ではないでしょうか。何を聞いても反応のないお客さんに、美容師さんは手こずっているようです。美容師さんは、お客さんの好みを知る上でのコミュニケーションとして会話をしている場合もあるので、ヘアスタイルに関する質問ぐらいは、しっかり答えましょう!

美容師の求人を見つけたい時は求人サイトが探しやすくて便利です。希望の求人を見つけやすく美容師として活躍出来る求人が探せます。